インパクトの際には、やはりかるく握る?

 (1)脱力して打ち返すことは是非身につけたいものですが、インパクトの際には、反発や方向性の点から、やはり、かるく握ることになるのでしょうか?
(誤解して力むことにならないよう、インパクトの際は力を入れるよ、とはいっていないのでしょうか?)
インパクトの際は力を入れません。力まないでパワーを伝えるために軽く握ることをお勧めしています。

(2)短い距離をよりスピンをかけて・・・などの場合には、どのような考え方でうつことになるのでしょうか?
まったく同じだよ!とかその場合は・・・というものがやはりあるものでしょうか?
短い距離をスピンを掛けて相手ボレーヤーの足元に沈める等の場合は、より当りを薄くして、スピンの量を増やします。

(3)このような打法では、バックハンドが片手と両手ではどちらが適しているのでしょうか?
どちらでも大丈夫です。腕は体幹からの力を流すのに使うだけにしたいのです。

(4)いずれ、バックハンド編と、ボレー編を購入したいのですが、割引はないのでしょうか?
すみません、今現在、定価よりも値引きしてありますので、ご了承ください。

(5)1日合宿(4時間)は、ストローク(フォアとバック)、ボレ、サーブ・・といった一通りのコースメニューがあるのでしょうか?
ストローク(フォアとバック)だけで4時間、とか、ボレーで4時間といったものになるのでしょうか?
1day キャンプのことだと思いますが、一通りのコースメニューの場合もたまにあります。
しかし、ほとんどはフォアストロークだけで4時間といった濃厚な形になっています。

以上の回答で大丈夫でしょうか?
お役に立てたら嬉しいです。

これからもテニスビズを宜しくお願い致します。