テニスの上達のためのレッスン動画&DVDで正しい身体の使い方をマスター

バックハンドストロークの基礎2 インパクト

back-midashi2

これから三回にわたってバックハンドの基礎をお伝えします。

最初はテークバック、インパクト、フォロースルーの順番で解説していきます。

一度真っ白な状態に戻って、お伝えするポイントをしっかり実行してみてください。小手先のテクニックではない、トッププロが実践する本物を身につけましょう。

身体から遠いところで打点をとる

back-kiso2

インパクトで大事なところはしっかり身体から遠いところでボールをとらえることです。

身体の近くだとどうしてもパワーが伝わりずらくなってしまいますので、身体から遠いところで打点をとるように練習してください。

テークバックの時にしっかり軸足に乗せ肩を入れてきました。

インパクトではそのひねりを戻していくのですが、後足にあった体重を前足に乗せそして肩甲骨が回ってきてインパクト。

その時に打点が近くならないように遠心力が使えるように遠くでインパクトします。

肩の力とか腕の力が抜けていて身体をひねり戻すと遠心力で腕は広がっていきます。

ぐっと握ってしまうとラケットヘッドが走らなくなってしまいますので、グリップはゆるめておいて自然にラケットヘッドがインパクトで走るように練習してください。

両手打ちの場合も一緒です。

グリップを握りしめてしまうとどうしても肩も固まってしまいますのでインパクトでのラケットヘッドスピードが落ちてしまいます。

グリップはゆるくしたまま、ひねって肩甲骨がこちら側に来ていたのが肋骨の上をすべってインパクトが迎えられるように遠い打点でとるように練習してみてください。

PAGETOP
Copyright © Tennis Biz All Rights Reserved.