手首を傷めてしまいました

はじめまして。
友人が、一緒にテニスをしている際、強打をボレーして手首を傷めてしまいました。
症状からして、TFCC損傷であると思われます(小指側の手首が痛い)。
医者からはテニスを再開してもいいといわれているらしく、ミニテニスを少しだけはじめたらしいのですが、普段はあまり痛みを感じないレベルになっているにもかかわらず、テニスをするとやっぱり痛むらしいのです。
彼女は右利きで、フォアハンドを打つときに少し手首をひねってしまうくせがあります。
多分、これからもテニスを続けていくためには、手首に負担のかかりにくいフォームを身につけなければならないと思うのですが、脱力テニスのスイングは、そういった症状のある人に勧めることができると思われますか?
毎日のようにテニスを楽しんでいた彼女が、少しでも負担のないフォームを見つける手助けがしたいのです。
お忙しいこととは思いますが、ご教授いただけますようお願いいたします。
こんにちは。
ご友人が手首を痛められたとのこと。
脱力してテニスをすることは、痛みを回避する、または回復させるのに最適です。
しかし、いきなり脱力テニスは難しいと思います。
まずはあまり時間がたたないうちに、痛い方の手首の関節を反対の手の親指と中指を使って包むようにして軽く握ってください。
場所はちょうど手首と手の平間の少しくぼんだ辺りのところです。
握られている方の手や腕の力は完全に抜いておきます。
すると、手首の関節が少し外れる様な感じで、手と手首が少しだけ離れます。
そのまま5秒間くらい手と手首が離れた(関節が軽く抜けているような)感覚でじっとしていてください。
その後そっと握っていた手を離します。
後はしばらく痛い方の腕や手は使わずに20~30分はそっとしておいてください。
筋肉は形状記憶ですので、正しい位置を覚えています。
ですから関節を浮かせた後そっとしておくと正しい(何かが神経に当らない)位置に骨や筋肉や筋の形を戻してくれます。
とにかく腕や手首を脱力させておくことが大事です。
そして痛みが無くなってきたら、脱力したテニスに挑戦してください。
私の動画やDVDを参考にして練習してください。
私も同じような経験が何度かあります。
無理しないで正しく対処すれば、すぐに良くなると思います。
是非、ご友人に教えてあげてください。
テニスビズ
榊原太郎