グリップチェンジでインパクトの面をつくる

こんにちは、バックハンドストロークのDVDの中でまず最初にインパクトの面を作るとありますがグリップチェンジ=インパクトの面ということでしょうか?
それとも一度インパクト時の手首の角度とかも同時にセットするということでしょうか?もう少し具体的に説明していただけますか?お願いいたします。
お問い合わせありがとうございます。
テニスビズの榊原です。

バックハンドDVDの中に出て来る最初の動作は、『グリップチェンジでインパクトの面をつくる』です。
これは、インパクトの瞬間の手首の角度も同時につくると言うことです。

それからボディーターンして打ちに行った時に手首を柔らかくしておきます。
すると、インパクトの瞬間にはじめにつくった手首の角度、ラケット面に勝手に戻ります。
そうなることで、ナチュラルなトップスピンを掛けることができます。

ほとんどのトッププロが使っている技術ですので、YouTubeなどでプロのスロー動画を良く見てみてください。
頑張ってくださいね!