サーブで何に一番気を付けて脱力すればいいですか?

46才から6年連続して、都市対抗の中国地区代表になりましたが、54才になり45才になったばかりの相手にパワープレーで勝とうとするのは無理と感じ、以前学んでいた脱力に賭けようと、テニスで脱力を検索して、榊原さんのサイトに出会いました。
DVDを購入して榊原さんの脱力が本物だと分かりました。今までも、すわいしょうと馬歩や導引体操は続けていました。今日は、サーブの質問です。少しは脱力できてきたのですが、相手にコースを読まれるのは、まだ力んでいるのだと思います。
サーブで何に一番気を付けて脱力すればいいですか?これからも度々質問させて頂きますのでよろしくお願いします!

メールをありがとうございます。
DVDご購入も大変にありがとうございます。私の脱力を本物と言ってくださりとても嬉しいです。
まだまだ修行が足りませんが、テニスに生かしている誇りだけは持っています。
鞭手、足振りはとても良い効果が現われると思いますので、とてもおススメです。

サービスでは、はじめはグリップを緩めることに意識を持って行くと良いと思います。
グリップの力を抜き続けるのが一番簡単ではないでしょうか?
それと、姿勢を起こしておくことも重要です。

みぞおちの裏の背骨を反っておくことで、姿勢が起きて、中心からのパワーをボールに乗せることが可能になります。
楽に打てば、球が早くなり伸びるという考えに切り替えて練習してください。

これからも宜しくお願い致します。