フットワークについて

DVD、ブログ等いつも拝見させてもらっています。
フットワークについて御質問させてください。
昔長くバドミントンをやっていたせいか、飛んでくるボールに対して、どうしても真正面に入ってしまい、結局は下がって、振り遅れてしまう癖が抜けません。
フォアに関しては左手で打点をとりながら、意識してテークバックしている間はなんとかなるのですが、ラリーが続くと忘れてしまいます。
バックでは、なおさら打点をとりにくく、苦手感があり、ついには振り遅れを無理してカバーするために、左ひじを壊してしまいました。
打球には十分追い付いてるのですが、そこから下がるため、振り遅れます。
ギリギリ届く球のほうが、かえっていい打点で打てたりします・・。
ご教授下さい。
DVD,ブログ等見ていただいて誠にありがとうございます。打点の取り方ですが、打点が体に近く成り過ぎて、窮屈になったり下がって打たなければいけなかったりする方の多くは、姿勢が前傾し、顔が前に出ているパターンがあります。
背筋を伸ばして、地面と垂直に立ってテークバックができると距離感が取れるようになる場合が多いです。

それか、テークバック時のラケットが体に近いと、打点を体の近くに取ってしまう場合があります。
ですので、テークバック時にラケットを体から離したところに位置することで、段々体からボールまでの距離感がつかめるかもしれません。

まずは、この2つを試してみてください。
そして、できれば結果報告もいただけたら嬉しいです。
これからもテニスビズを宜しくお願い致します。