ボールとの距離について

質問させて下さい。球出しでボールを打っている時(フォア)は自分の打ちたい位置でボールを捕え打つことが出来るのですが、実践では前後左右に揺さぶられたり、緩急を付けられたりと自分が打ちたい所でボールを捕えられない事が有ります。
例えば緩く浅い球が返された時は突っ込みすぎて詰まったりします。
たぶん、ボールに近づいた時に細かいステップを行っていないためだと思います。
勿論、脱力DVDに有るように”早い構え”は意識しています。
ボールとの距離感の取り方について、オープンスタンスで打つ時とクローズドスタンスで打つ場合についてアドバイスをいただけませんでしょうか。
以上、宜しくお願い致します。
ご質問ありがとうございます。

> ボールとの距離感の取り方について、オープンスタンスで打つ時とクローズドスタンスで打つ場合について

ですが、私はこの様にアドバイスさせていただいています。

オープンスタンスでもクローズドスタンスでも、なるべく左腕を伸ばして肩を入れます。
打点が近くなってしまうようでしたら、右腕をやや伸ばしぎみでテークバックします。

そして早めにボールの軌道を読んで大体の打点を考えて軸足を決めます。

その後、ボールとの距離を測って打つ時に多少身体を横に引いたり出したり、後ろに下げたり、前に出したりして微調整を行いながら打点を合わせます。

完全に良い打点に入って構えられれば一番良いのですが、動かされるとそうもいかない場合が多いです。

ですから、大体で軸足を決め、微調整しながら打つことをお勧めしています。

これがお役に立てれば良いのですが…。

今後ともテニスビズを宜しくお願い致します。