ラケットの握り方

サーブをするときにラケットをゆるううく握り、親指のほか中指と薬指で握っていました。中指は非常に弱く、薬指の半分以下の力のかかり方。人差指はハンドルから離れ、また小指はグリップエンドの外でプラプラしています。(薬指がラケットエンドの出っ張りに引っかかっている状態)インパクトの後、フィニッシュの時点ではこれが変わって、親指と人差指だけがラケットを握り、ほかの指は全部離れていました。これはフォアハンドストロークのテークバックからフィニッシュでも同様でした。こんなグリップでいいんでしょうか?小指の爪の付け根にこすれて当たることが時々起るようになりました。少し腫れて、かなり痛いです。何か間違って打っているのでしょうか?ご教示ください。
またバックハンドストロークのテークバック時には5本の指が全てラケットを握っていますが、フィニッシュ時点では親指・人差指でしか握っていません。これまたOKなんでしょうか?
ボレーではしかし、小指でしっかりグリップしていないとヘッドが回ってしまい、コントロールが難しくなることがわかりました。ゆるゆるグリップといってもストロークとボレーでは握り方が違うのではないか?という感じがしていますが、違いますか?
サービスに関してもストロークやボレーに関しても、このグリップでなければいけないというものはありません。
御自分で一番やり易いグリップで良いと思います。

但し、力が入ってしまうグリップはNGです。
手とラケットが引っ掛かっていて、楽にラケットがボールを飛ばしてくれるようなグリップなら何でもOKだと思います。

ちなみに私は、脱力をし始めた頃は、サービスでは中指と薬指でラケットを支えて小指はグリップから外していました。
が、やはり小指がグリップエンドに当り痛いので、今は小指をグリップエンドのでっぱりの内側に入れています。
サービスでもストロークでもボレーでも、今はどこかの指で引っかけるのではなく、ヒヨコを持つように手全体でソフトに握っています。

スイングの過程によって、グリップから手の色々な場所にプレッシャーが掛かって来ますが、それは成り行きに任せています。
とにかく強くグリップを握らないことを大事にしています。